講義コード 1218J
講義名 ディジタルメディア活用B
(副題)
開講責任部署 全体
講義開講時期 秋学期
講義区分
基準単位数 2
時間 0.00
代表曜日 木曜日
代表時限 5時限
開講学科 情報処理学科
必選別 選択
履修セメスター 第2セメスター
その他
担当教員

職種 氏名 所属
講師 ◎ 原田 慎吾 (指定なし)

講義概要
本講義では「ディジタルメディア活用A」を踏まえ、ディジタルメディアの制作方法、活用方法、応用を実制作を行いながら学んでいく。

インターネットや携帯端末の急速な普及により、ディジタルメディアが非常に身近なモノとなった。実際の仕事の現場においても、ディジタルメディアを活用したやり取り、プレゼンテーション、宣伝広告などが当然のように行われている。それを考慮すると、この情報社会においてディジタルメディアを理解しておくことは必要不可欠であると言える。

また、ディジタル機器が普及していく中、一般のユーザーとプロフェッショナルな現場では、どうしてもコンテンツの仕上がりに格差がある。コンテンツ制作に対する基礎知識の有無が一つの要因である。

本講義では、実際の現場でどのように制作が行われているかを知る事により、
コンテンツ制作に対する基礎知識を学習する。
到達目標
①ディジタルコンテンツの現状を知る
②コンテンツ制作の企画から制作までの流れを学ぶ
③ディジタルコンテンツの制作方法を実作業を通して学ぶ。
履修のポイント及び留意事項
実際にデジタルカメラを用いた撮影実習を行うため、デジタルカメラもしくは、デジタルカメラ内蔵機器(スマートフォンなど)を所有していることが望ましい。

講義日程
テーマ内容
第1週ディジタルメディアとは授業内容の紹介と
ディジタルメディアに関する説明と実例紹介
第2週CI・VIデザイン実習①Illustratorを使用したCI制作の基礎実習
第3週CI・VIデザイン実習②Illustratorを使用したCI制作の基礎実習
第4週画像加工の基礎PhotoShopを使用した画像加工の基礎実習
第5週撮影実習撮影の基礎知識の学習と撮影実習
第6週画像加工実習撮影した写真の加工実習
第7週フライヤー制作実習①撮影・加工した画像を使用してフライヤーを制作
第8週フライヤー制作実習②撮影・加工した画像を使用してフライヤーを制作
第9週パッケージデザイン実習①パッケージ(箱)の展開図をデザインする
第10週パッケージデザイン実習②パッケージ(箱)の展開図をデザインする
第11週画像編集実習デザインしたパッケージを画像編集ソフトを使用して疑似3Dへ加工を行う
第12週ポスター制作実習①デザインしたパッケージデータを使用して商品PRポスターを作成する
第13週ポスター制作実習②
デザインしたパッケージデータを使用して商品PRポスターを作成する
第14週商品CM制作実習CM編集基礎の学習
第15週総評完成した作品における総評

他の授業科目との関連
第1セメスターの「グラフィックデザイン基礎」で活用する2Dグラフィック関連のソフトウェア、特にADOBEのphotoshop及びillustratorは関連性の深いソフトウェアであるため、習得を推奨する。

第1セメスター「ディジタルメディア活用A」は受講している事が望ましい。
評価方法
授業態度、課題提出状況、課題内容を総合的に評価する。
教科書
特定の教科書は利用しない
参考図書
特になし
オフィスアワー(授業相談)
メールにて受付
学生へのメッセージ
ディジタルコンテンツの学習は、先ずは興味を持つ事です。
CGクリエイターやグラフィックデザイナーを目指す学生だけでなく、コンテンツ制作に興味のある学生は是非受講してください。将来に役立つ情報が沢山含まれている実習です。
準備学習の内容
授業で学習した内容はメモ、もしくはディジタル機器に分かり易くストックし、
準備学習として次の授業前に読みかえしておくこと。