講義コード 1134L
講義名 英語コミュニケーションIV
(副題)
開講責任部署 全体
講義開講時期 秋後半
講義区分
基準単位数 1
時間 0.00
代表曜日 水曜日
代表時限 2時限
開講学科 国際文化学科
必選別 選択
履修セメスター 第2セメスター
その他
担当教員

職種 氏名 所属
准教授 ◎ ウェア ジーン リー (指定なし)

講義概要
Note: 英語コミュニケーションIII students should bring their books to the first class. New students can share books with others until they can buy their own.
注意: 英語コミュニケーションⅢを履修した学生は前期と同じテキストを持参すること
国際化・グローバル化が進み英語を使う機会は日本国内でも日常生活のみならず様々な職場で明らかに増えている。就職においても正しい日本語が話せることに加え、英語をはじめ他言語を使える人材はこれからますます需要が高まることが予想される。そのような背景を考慮し、英語コミュニケーションⅣではできるだけ“英語を話 し”、“英語で考え”、“英語で表現する”ことに慣れ、在学中に英語力の底上げをすることを目標としている。
 クラスは2クラスが開講されており、テーマや目標に沿った履修を推奨する。なお、ウェアクラスはオールイングリッシュの授業となる。
Goal: to confidently communicate and interact in natural English on a variety of topics. Jean Ware's class will be taught completely in English.
This class meets twice a week for the second half of the semester (with 2nd year students).
到達目標
学習のポイントとしては次の項目を主な学習目標とする。
(1) 会話力・プレゼンテーション能力の向上
(2) 会話に必要な語彙力・定型表現の修得
(3) 積極的な授業参加(教室内ではできるだけ“英語を話す”こと)
履修のポイント及び留意事項
語学学習では、教室外での予習・復習といった自宅学習が英語力向上のカギとなるが、特に会話力の向上には授業への積極的な参加がポイントとなる。教室内ではできるだけ“英語を話す”ことが求められる。なお、各自、英和辞典(電子辞書可)、ノートは必携のこと。
講義日程
テーマ内容
第1週7A: It's bigger than China.Comparing countries of the world.
第2週7B: I really like my new apartment.Apartments and rooms.
第3週8A: She's too young for me.Choosing a partner.
第4週8B: This dress is not long enough.Shopping for clothes.
第5週9A: You should say you're sorry.Personal problems. Giving advice.
第6週9B: I'm stressed.Health problems and remedies.
第7週10A: You can't smoke in the street.Cultural rules and customs.
第8週10B: I have to get a visa.Getting ready for a vacation and at an airport.
第9週11A: Have you ever tried Thai food?Personal experiences.
第10週11B: My computer's crashed.Computers, their common problems and remedies.
第11週12A: Have you bought your tickets yet?Getting ready for a trip or event.
第12週12B: He's passed his driving test.Achievements and disappointments. Describing emotions. Events in life.
第13週Review 3 & 4これまでの復習
第14週Speaking tests英語によるスピーキングテスト
第15週Written test筆記テスト

他の授業科目との関連
英語プレゼンテーションI~Ⅳ, ICT英語II, 留学英語III
評価方法
出席状況、講義内での参加姿勢、筆記、会話試験等を総合的に評価する。
教科書
Get Real New Edition Student Book 2 by Angela Buckingham, Miles Craven, & David Williamson (Macmillan)
参考図書
英和辞典(電子辞書可)
オフィスアワー(授業相談)
Please check the class and meeting schedule that’s posted on my office door (IC #8). You’re welcome to come whenever I’m free.
研究室ドアの週間スケジュールを参照のこと。講義時間及び会議以外で研究室にいる間。空いている時間であれば、いつでも歓迎します。
学生へのメッセージ
Note: 英語コミュニケーションIII students should bring their books to the first class. New students can share books with others until they can buy their own.
注意:英語コミュニケーションⅢを履修した学生は前期と同じテキストを持参すること
Lessons build on material that was covered in previous lessons, so attendance is important to learn the material covered in class. Our class time is also a good time to practice your English skills and build your vocabulary. When using English, don’t worry about making mistakes. Just do your best!
講義内容を理解するためには、毎回の出席が重要である。
準備学習の内容
Assigned homework should be completed before class. To become skilled in English, it’s important to frequently review vocabulary and grammar. Studying English for ~15 minutes every day is better than studying English for 2 hours once a week. Also, build your reading and listening skills by using material that you can understand 80~90% of the time. Check out the resources on our Moodle page for English Language Learning.
予習をすること。事前にテキストに目を通しておくこと。日々、各自英語で会話するよう心がけ、耳慣らし、口慣らしをしておく事が望ましい。