講義コード 9957J
講義名 中国語コミュニケーションIV
(副題)
開講責任部署 全体
講義開講時期 秋学期
講義区分
基準単位数 2
時間 0.00
代表曜日 月曜日
代表時限 3時限
開講学科 国際文化学科
必選別 選択
履修セメスター 第4セメスター
その他
担当教員

職種 氏名 所属
准教授 ◎ チョウ アンナ (指定なし)

講義概要
 本講義は、中国語コミュニケーションⅢを学習した学生が、さらに中国語の能力を高め、また四字熟語の奥深い意味、豊かな表現を探求するためのものである。
四字熟語は、歴史の教訓や知識などを含んだ、長い時間をかけて形成された簡潔な言葉である。その多くは覚えやすく、言い得て妙であり、説明や主張に説得力を持たせる効果的手段として用いられることが多い。
四字熟語は、生活技術の百科全書的な知恵の集成として、人々の日々の問題解決に大いに役立っている。それは今日なお、人間はどうあるべきなのか、どう振舞うのが賢明なのか、われわれの行動を何らかの形で律している。人間関係や処世法など、あらゆるジャンルにわたる人生の指針が、四字熟語というかたちで、じつに豊富に用意されていることに驚かされる。
痛快な中国の四字熟語を気楽に学習しましょう。
到達目標
この学習により、プラス思考で伝達力、説得力を倍増し、心ふれあうコミュニケーションを獲得して、活力を持って生きることの喜びを感じてくれることを期待している。
本講義では、中国語と四字熟語の学習を通して、言葉の世界や人とのコミュニケーションの世界をさらに広げるようにしたい。
履修のポイント及び留意事項
きちんと出席して学習に努めること。
講義日程
テーマ内容
第1週概説学習内容の確認  
中国語コミュニケーションIV履修上の留意点の説明
第2週自相矛盾自ら相矛盾す      
語釈 文法 会話
応用練習
第3週抜苗助長苗を抜いて助長す    
語釈 文法 会話
応用練習
第4週守株待兎株を守りて兎を待つ   
語釈 文法 会話
応用練習
テスト
第5週百聞不如一見百聞は一見に如かず
語釈 文法 会話
応用練習
第6週邯鄲学歩

邯鄲に歩を学ぶ     
語釈 文法 会話
応用練習
第7週刻舟求剣舟に刻みて剣を求む   
語釈 文法 会話
応用練習
テスト
第8週濫竽充数濫竽 数を充たす     
語釈 文法 会話
応用練習
第9週磨杵成針杵を磨いて針と成す   
語釈 文法 会話
応用練習
第10週嚢螢映雪嚢の螢映らす雪     
語釈 文法 会話
応用練習
テスト
第11週杞人憂天杞人天を憂う      
語釈 文法 会話
応用練習
第12週老馬識途

老いたる馬は途を識る
語釈 文法 会話
応用練習
第13週望梅止渇梅を望んで渇きを止む  
語釈 文法 会話
応用練習
第14週夜郎自大夜郎自大
語釈 文法 会話
応用練習
第15週まとめ復習・テスト

他の授業科目との関連
中国語コミュニケーションIII
評価方法
平常の授業への取り組み方、復習小テストの結果等を参考に評価する。
教科書
『中国成語故事』
参考図書
特になし
学生へのメッセージ
中国語と中国の文化を一緒に楽しみましょう。