講義コード 0122A
講義名 日本語コミュニケーションI
(副題)
開講責任部署 全体
講義開講時期 春学期
講義区分
基準単位数 1.00
時間 0
代表曜日 木曜日
代表時限 5時限
開講学科 両学科
必選別 随意
履修セメスター 第1セメスター
その他
担当教員

職種 氏名 所属
教授 ◎ 矢原 充敏 (指定なし)
教授 西野 仁 (指定なし)
教授 神山 高行 (指定なし)
准教授 チョウ アンナ (指定なし)

講義概要
 日本語能力は、留学生が日本で大学生活をおくる上で必要不可欠な能力である。しかし、生活言語と学習言語とは全く異なっており、日本で生活することはそれほど難しくないが、大学の授業を理解し、研究を進めるとなると非常に困難を感じる留学生も多いのではないだろうか。
 日本語コミュニケーションの授業は、生活に必要な日本語だけでなく、日本語で講義を受け、レポートを作成したりプレゼンテーションを行ったりする、いわゆるアカデミックジャパニーズを身につけることを目標としている。分野ごとの、発想力(語威力を含む)・読解力・表現力を高め、大学の授業についていけるだけの日本語能力を目指す。
到達目標
到達目標は次の3点である。
(1)テーマに沿った語彙や表現を発想することができる。
(2)与えられた情報を正しく理解することができる。
(3)自分独自の意見・主張を述べることができる。
履修のポイント及び留意事項
課題は必ず提出すること。積極的に授業に参加すること。毎日の継続した自宅学習を怠らないこと。
なお、本科目は留学生のみを受講対象とした科目である。
講義日程

テーマ内容
第1週オリエンテーション授業の概要説明。受講者による自己紹介等。
第2週コミュニケーション1テーマに沿った語彙を発想する。
第3週コミュニケーション2発想した語彙を関連付ける。
第4週コミュニケーション3イラスト等を通して様々なことを推測する能力を養う。
第5週専門分野の語彙力1スポーツ・レジャー&ツーリズムの視点から日本語を学ぶ。
第6週専門分野の語彙力2スポーツ・レジャー&ツーリズムの視点から日本語を学ぶ。
第7週専門分野の語彙力3スポーツ・レジャー&ツーリズムの視点から日本語を学ぶ。
第8週専門分野の語彙力4国際文化の視点から日本語を学ぶ。
第9週専門分野の語彙力5国際文化の視点から日本語を学ぶ。
第10週専門分野の語彙力6国際文化の視点から日本語を学ぶ。
第11週専門分野の語彙力7ICTの視点から日本語を学ぶ。
第12週専門分野の語彙力8ICTの視点から日本語を学ぶ。
第13週プレゼンテーション準備各自自由にテーマを決定し、発表の準備をする。これまでの練習をいかしてほしい。
第14週プレゼンテーション学生同士で相互評価を行う予定。分かりやすく楽しめる発表を望む。
第15週まとめ全体を総括する。


他の授業科目との関連
日本語コミュニケーション能力はほかの授業科目を受ける上で必要不可欠な能力である。この能力を伸ばすことによって、口頭発表や討論、グループ学習といった様々な活動が円滑に行えるようになる。
評価方法
出席・授業態度(50%)、課題提出(30%)、プレゼンテーション(20%)により総合的に評価する。
教科書
特定の教科書は使用せず、配布資料等を用いて進める。
参考図書
必要に応じて紹介する。
オフィスアワー(授業相談)
いつでも可
学生へのメッセージ
日本語だけでなく日本文化についてしっかりと理解し、他の授業や学生生活に役立ててください。