講義コード 0309A
講義名 スポーツ・レジャー論
(副題)
開講責任部署 全体
講義開講時期 春学期
講義区分
基準単位数 2.00
時間 0
代表曜日 月曜日
代表時限 2時限
開講学科 国際文化学科
必選別 選択
履修セメスター 第1セメスター
その他
担当教員

職種 氏名 所属
講師 ◎ 北濱 幹士 (指定なし)

講義概要
 「スポーツ・レジャー」の概念とは、私たちが行っている様々な活動を「スポーツ=競技スポーツや健康スポーツ」或いは「レジャー=娯楽や余暇」とひとつひとつに分類するのではなく、それらの活動を大きく包括的に捉える「スポーツ・レジャー」と言う新しい考え方です。多様化する私たちの活動の根源にある「プレイ(あそび)」に注目し、「スポーツ」や「レジャー」の枠に留まらず、観光、環境、伝統文化、ライフ・ワークバランスなどを含め、Quality of Life(質ある生活)の実現を目指して解説します。

到達目標
新しい概念「スポーツ・レジャー」の概念、文化背景など、現代社会における「スポーツ・レジャー」の役割、そして「スポーツ・レジャー」の必要性に関して理解する事を求めます。
履修のポイント及び留意事項
この授業は2名の教員、北濱と西野で担当します。
講義日程

テーマ内容
第1週ガイダンス授業概要(全体の構成、進め方、評価等)についての説明。
第2週現代社会とスポーツ・レジャー現代社会におけるスポーツ・レジャーの位置付け
第3週プレイ(あそび)とはプレイ(あそび)についての理論を学び、概念及び意味を整理する
第4週スポーツとはスポーツについての理論を学び、概念及び意味を整理する
第5週レジャー・レクリエーションとはレジャー・レクリエーションについての理論を学び、概念及び意味を整理する
第6週スポーツ&レジャーとはスポーツ&レジャーについての理論を学び、概念及び意味を整理し、考え方について検討する
第7週中間試験
第8週スポーツ&レジャーの歴史スポーツ&レジャーの歴史を探求する
第9週スポーツ&レジャーを大事にする社会スポーツ&レジャーを大事にする社会について検討する
第10週スポーツ&レジャーとツーリズムスポーツ&レジャーとツーリズムの関係について探求する
第11週スポーツ&レジャーと公園・リゾートスポーツ&レジャーと公園・リゾートの関係について探求する
第12週スポーツ&レジャーと教育スポーツ&レジャーと教育の関係について探求する
第13週スポーツ&レジャーと国際交流スポーツ&レジャーと国際交流の関係について探求する
第14週スポーツ&レジャーと未来社会スポーツ&レジャーが重要視される未来社会について検討する
第15週学期末定期試験


他の授業科目との関連
体育・スポーツ系での編入を希望する者は必ず履修する事。
評価方法
出席、試験、課題、授業態度などを総合的に判断する。
尚、評価の方法詳細はガイダンス時に提示する。
教科書
使用しない
参考図書
特になし